2005年10月25日

劇場中継

今回の日記は以前にジオログのほうで書いたものに加筆、修正を加えたものです。

これを読んでいる人で「劇場中継」という番組を知っている人はいるんでしょうか。
月イチぐらいで日テレの深夜に放送していた番組で、
演劇ファンにはなかなかありがたい番組でした。
最近見てないなぁと思い、番組のHPを見てみると
2003年を最後に更新されていないようで、
どうやら番組自体消滅してしまっているようです。
実際の話、月イチ深夜ということもあり、視聴率は良くなかったでしょうし、
運良く見れたとしても素直に面白いと思えるものはなかなか少なかったりして
リピーターが付きづらい番組であったことも確かです。

で、何でこんなことを書いてるかといいますと、
奇跡的に面白かった回のビデオを発掘したんですよ。
病院を舞台にしたストーリーで、こちらの画像がそのキャストなんですが、

cast1.jpg

上から順に、食道癌を告知された主人公その嫁

ちょっとボケの進行しているお婆さん

糖尿病のラブホテル王の親父その息子

という設定で。
うん、ぶっちゃけた話、あんまりパッとしませんね。
というか、この画像で食いついてくる人はかなりのマニアです。

実はこの方々、ある業界ではものすごい有名人なんです。
では、補足説明付きの画像がコチラ。

cast2.jpg

ほら、ちょっとびっくりした。

これは「鈴置洋孝プロデュース」として'00年に公演された
「見果てぬ夢」のキャストです。
この「鈴置洋孝プロデュース」、他の作品でも有名な声優さんが出演していて

サザエさん」のワカメ、「ドラえもん」のしずか役だった野村道子さん、
一休さん」や「ダイの大冒険」のダイ役の藤田淑子さんの他にも
高島雅羅さん、関 俊彦さんなどそうそうたる顔ぶれ。

これだけの声優さんが揃うと、見ている最中にも
「あぁ、あのセリフ言ってくれねぇかなぁ」
などと妙な期待をしてしまうイヤなファン心理が働きます。

そんなマニアックな期待を持って鑑賞していると
突然こんなシーン→(WMV)とかになっちゃって
本気で驚かされるわけですが。

感動的なストーリーのはずなのにビックリしてそれどころじゃなかった作品でした。
posted by Workey at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ棚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: 無記名だと「名無しさん」になります。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック