2005年11月01日

ギンガイザーレビュー二回目

さて、ギンガイザーのレビュー2回目です。
正直なところ既にイヤになって来たのですが、書くほどのネタもないので仕方ありません。
今回はギンガイザーが放送されていた当時の時代背景なども簡単に紹介してみます。

  '74年 ユリ・ゲラー超能力ブーム
同'74年 元祖合体ロボ「ゲッターロボ」放送開始
  '75年 元祖変形ロボ「勇者ライディーン」放送開始
  '76年 「大空魔竜ガイキング」超能力者パイロットの登場
同'76年 「UFO戦士 ダイアポロン」ロボット同士がムリヤリ合体する。
同'76年 「コンバトラーV」各パーツが変形合体するようになる。
  '77年 「ギンガイザー」放送開始

こうしてみると、意外なことに気が付きます。
実は変形ロボを3体出して、更にそれを合体させるというのは
ギンガイザーが世界初の試みだったようです。

05110116.jpg

いや、まぁ確かに合体に成功しているとは言い難いカタチですけどね。

さて、今回は何分ぐらいをレビューできるやら。
とりあえずギンガイザーのメンツを紹介しておきましょう。
まずは主人公の白銀ゴロー(声・井上和彦さん)

05110101.jpg

グランファイターのパイロット。
え〜とね、坊主。

荒波トラジロー(声・西村知道さん)

05110102.jpg

ブルゲイダーのパイロット。
え〜とね、デブ。

南三太(声・丸山裕子さん)

05110103.jpg

スピンランサーのパイロット。
え〜とね、ガキ。

秋津ミチ(ミッチー)(声・古賀ひとみさん)

05110104.jpg

アローウイングのパイロット。
一応サービス担当のつもりなのか、足元から全身を映しているので
とりあえず画像を繋いでみる。

05110105.jpg

僕の時間を返してください。

さて、こいつらは全員マジックランドという遊園地で働いているという設定でして、
ゴローとミッチーは今からマジックショーを始めるようです。
今回の出し物は「ファイヤーボックス」。
名前から推測すると

燃え盛る箱から引田天功ばりに脱出する

とかそんな感じのマジックなのかと思ったら、客席の子供たちに向かって

「キミたちの好きな動物を出して見せるぜ」

とか言い出しました。
どうやら僕らの想像とはちょっと違ったようです。

炎の箱から動物たちが飛び出してくる
マジックなんですね。

では「ファイヤーボックス」を見てみましょう

05110106.jpg

まずはゴローが円を描くように連続バク転。
するとその軌道に炎が上がり始めます。

05110107.jpg

巨大な炎の輪ができました。
それがどういった仕組みなのか立ち上がります。

その炎の輪から子供たちのリクエストに答えて次々と動物を呼び出すゴロー。

ゴロー「アフリカ産まれのライオン君、子供たちがお待ちかねだよ〜」
05110108.jpg

がおー

ゴロー「インドの人食い虎、出てこ〜い」
05110109.jpg

がおー

ゴロー「白鳥にへんし〜ん」
05110110.jpg

ばさばさ〜

子供たち「わぁ、すごいすご〜い」

そりゃスゴイさ。
だってちょうのうりょくでやってるからね!!
つーか、それはマジックショーなのか?

あと、人食い虎は呼び出したらマズくないか?
それからさ、え〜と、箱は?

こうしてテレビの前の僕らがツッコむのもイヤになった頃、ショーが終わります。
すると急に空模様がおかしくなり、雨が降り出しました。
ものすごい勢いの雨なので、
当然あっという間に川が氾濫します


05110111.jpg

どうやら河川敷に建っているらしい遊園地マジックランド
子供なんかばんばん流されます。

05110112.jpg

どうやら川の水位よりも低い土地に建っているらしい遊園地マジックランド
それはもうばんばん流されます。

05110113.jpg

その様子を一段高いところから見つめる主人公たち。

05110114.jpg

こんなとき、ヒーローがとるべき行動はたった一つです。
そう!












05110115.jpg

博士に呼び出されたのでテレポート! 

お前らをヒーローとは認めねェ。
posted by Workey at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ棚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: 無記名だと「名無しさん」になります。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック